こんなお悩みはございませんか?

  • 産後体力が落ちた
  • 体型を戻したい
  • お尻が大きくなった気がする
  • 下っ腹が出やすくなった
  • 産後ダイエットを始めたい
  • 産後の骨盤ケアをしたい

などの産後の骨盤ケア方法についてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
産後は骨盤が開いた状態のため、きちんとケアして上げないとぽっこりお腹や、大きなお尻になる原因となってしまいます。
骨盤ケアの方法や、骨盤矯正のストレッチ方法についてもお伝えいたします。

産後に骨盤が歪む原因

妊娠中にお腹が大きくなってくると、身体全体のバランスを取るために反り腰になって、骨盤が歪みやすくなります。
また、女性の骨盤は妊娠中から徐々に開き始めて出産時に最大まで開いた状態になります。
妊娠や出産を経て開いてしまった骨盤は産後3ヶ月から4ヶ月で元に戻ると言われており、妊娠中に反ってしまった腰や筋肉の緩みは完全に元に戻ることはありません。
産後は半年くらいまでの骨盤ケアが大切になってくるので、骨盤が開いたままにならないようにきちんとケアしてあげましょう。

骨盤は妊娠中から徐々に変化する

骨盤というのは、複数の骨が繋がってできている部分で、子宮や蝶を取り囲むような器の役割を果たしています。
骨盤は出産の時に赤ちゃんが通れるように、妊娠中から少しずつ開いていきます。
開くというのは骨盤の骨どうしが繋がれている靭帯が緩むことによって、骨盤の容積が大きくなることを指します。
靭帯の緩みには、妊娠中に分泌された「プロゲステロン」や「リラキシン」というホルモンが影響しています。
これらのホルモン分泌に伴う骨盤の開きや、少しずつ大きくなるお腹を支えるために日頃の姿勢が変化にする事によって、妊娠中から腰の痛みを感じる方も少なくありません。

産後に骨盤の歪みが改善しない理由

骨盤の歪みは、日常生活でのリズムの変化や運動不足にも大きく影響されています。
例えばですが、子育てが始まりお子さんを抱っこする時間が長くなると、背骨や骨盤の正しい位置の維持が難しくなります。
また、お子さんを抱っこする時にもクセができて、片方の腕ばかりで抱っこをしてしまうとさらに歪みが進行してしまいます。
子育てをしながら家事や仕事を並行して暮らす状況が、改善するに集中する時間が取れない原因にもなっており、症状も悪化にも繋がってしまいます。

骨盤が歪むとどうなる?

骨盤が歪んでしまうと、体調不良を引き起こすだけではなく、体型の変化や身体に様々な悪影響を及ぼします。
体調への変化として以下のような内容が挙げられます。

  • 生理痛の悪化
  • 腰痛
  • 便秘や下痢
  • 睡眠の質が低下する

体型や肌への影響としては以下のような内容が挙げられます。

  • 肌あれ
  • O脚やX脚になりやすい
  • 太りやすくなる
  • 下っ腹が出やすくなる
  • お尻の幅が大きくなる
  • 太ももが太くなる

このように骨盤が開いたり歪んだりすることで、身体に様々なトラブルが生じる可能性があります。
骨盤がズレているという自覚がなくても、上記の症状に思い当たる項目がある方は要注意です。
骨盤の開きや歪みを直すことで、身体の内面からも健康的な状態を目指していきましょう。

産後のダイエットはいつから?

産後の運動やダイエットを始めるタイミングについては個人差があり、明確ではありませんが1ヶ月から2ヶ月後がおすすめです。
早く体型を元に戻したいと思って、産後すぐにダイエットを始めている方もいらっしゃいますが、産後の身体はとてもデリケートな状態です。
産後の身体は交通事故にあった後と同じようなものと例える方がいるほど、産後の身体は弱っており、回復には1ヶ月ほどかかると言われています。
子育ての面でも産後1ヶ月は寝る時間がほとんどないほどに大変な時期です。
ですので、開いた時間にダイエットのための運動をしようとは考えずに、休息をとって無理をしないように心がけてくださいね。
また、産後の回復スピードには個人差があるので、心配な方は医師に相談してから運動やダイエットを初めてみるのも良いかもしれません。
自己流で骨盤ケアを行うよりも、接骨院や整骨院などのプロにお願いすると身体の調子を見ながら施術してもらえるので、おすすめでしょう。

骨盤矯正に矯正ベルトは必要?

産後に矯正ベルトを装着することで骨盤を引き締める効果が期待できるので、サポート役として取り入れるのがおすすめです。
骨盤矯正ベルトは骨盤を締めるだけではなく、歩きやすくなったり腰痛が軽くなったり生活しやすいようサポートをしてくれます。
ただし、骨盤を長時間締め付けてしまうと血流が悪くなり、冷えにつながる可能性があります。産後から長時間の使用は避けましょう。
骨盤をベルトで支えることによって、本来ならば骨盤を支える役割を果たす筋肉が緩んだままになってしまいます。
骨盤矯正ベルトやガードルだけに頼るのではなく、あくまで骨盤を締めるためのサポートとして使うようにしましょう。

矯正ベルトやガードルはいつから使っていいの?

矯正ベルトやガードルは、産後半年頃から使うようにしましょう。
一般的に産後の骨盤は、半年までは柔らかい状態なので元の形に戻しやすい時期と言われています。
そして、産後から半年ほど経つと骨盤がその位置に定着するといわれており、半年たった頃から矯正ベルトやガードルで骨盤を締めていくのがよいでしょう。
ですが、矯正ベルトを間違った位置に巻いていては全く効果が現れませんので、気をつけて使用しましょう。

産後の骨盤矯正ではズレを元に戻します

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正では目的が異なります。
まずは違いについてですが、通常の骨盤矯正では日常生活でさまざまなクセが原因で生じた骨盤のズレを正すことが目的となります。
しかし、産後の骨盤矯正では妊娠や出産に伴う骨盤の開きやズレを元に戻して、骨盤の底部の筋肉を強化することを目的としています。
そこで産後の骨盤矯正では、施術で開いた骨盤を外側から内側へとゆっくりと圧をかけて引き締めていきます。
さらに、骨盤を左右上下に押したり引いたりすることでズレを調節してくれる上に、揉みほぐしによって骨盤の底部の筋肉に刺激を与えて強化をします。

産後の不調を解決します

体力が落ちてしまった、肩・腰・膝などが痛む、産前の体型に早く戻したいとお考えの方には産後プログラムをお勧めしております。妊娠中に分泌されたリラキシンというホルモンにより骨盤が大きく歪んでいる状態です。
歪んだままの状態で過ごすと、今後お身体に脂肪が付きやすくなったり、更年期障害が強く出たりする可能性があります。
また、当院ではキッズスペースもご用意しておりますので、お子様連れでお越しいただくことも可能です。

どんな悩みが解消される?

ぽっこりお腹やお尻のたるみを引き締める

骨盤が開ききってしまうと、内臓も垂れ下がることになり、ぽっこりお腹になってしまいます。
また、妊娠中に正しい姿勢を維持できずにいると、筋力も低下してしまい、お尻もたるんできます。
骨盤と内臓ををきちんと正しい位置に戻して、骨板奥の筋肉を強化してお尻を支えられるようにすることでスタイルが引き締まります。

尿もれの改善

妊娠や出産が原因で、骨盤周りの筋肉が弱くなることがあります。
尿や便、経血をコントロールしている骨盤の奥の筋肉を支えることで尿もれの改善が期待できます。

腰の痛み

妊娠中は重たくなったお腹を支えるためにも反り腰になっていたり、産後に赤ちゃんを抱っこして下半身に負荷がかかると、腰痛を引き起こすことがあります。
骨盤のズレを直しながら、姿勢が乱れた状態で固まってしまった筋肉をほぐすことで、腰の痛みの緩和をしてくれます。

体型戻しとダイエット効果

出産の時に最大限に開いてしまった骨盤が戻らない状態だと、下半身のサイズが大きくなってしまい産後しばらく立ってから、体重は減っているものの体型が元に戻らないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
また、骨盤が開いた状態が続いてしまうと胃や腸などの内臓が下に下がりやすい状態になり下っ腹が出やすくなります。
産後はマイナス面が目立ちますが、骨盤が緩んでいる状態だからこそ、妊娠前よりも骨盤を小さくするチャンスです。

産後すぐからできる寝ながら体操

うつ伏せもお尻を引き締め体操

妊娠中はなかなかできないうつ伏せ寝ですが、産後すぐのまだ胸が張ってない時期であれば無理なくできるでしょう。
うつ伏せになると骨盤が真っ直ぐになりやすく、お腹も伸びやすいので内臓も正しい位置に戻りやすいのでうつ伏せ寝はおすすめです。

  • 1.うつ伏せになり、頭からつま先まで真っ直ぐに伸ばす。力を抜いた状態で足の親指と親指をくっつける。
  • 2.その状態のままかかともくっつける。この時に、太ももやひざ、ふくらはぎなどの足全体を内側に巻き込むようにしながら、お尻を締める感覚を意識しましょう。
  • 3.キューっと締めて脱力をする。この動きを何度か繰り返します。

あお向けの片足あげ体操

あお向けに寝た状態で簡単にできて、骨盤の前部分が締まりやすくなります。

  • 1.あお向けになり、片足を少しあげます。
  • 2.息を吐きながら、反対の足の方に斜めに伸ばしていきます。
  • 3.足をおろします。左右ともに何回か繰り返します。

産後3週間目からできる体操

膝を抱えて引き締める体操

骨盤の奥の方に位置する骨盤底筋群は、出産時は伸びきったゴムのように緩んでいます。
骨盤底筋群が緩んだままだと、尿もれしやすくなったり、入浴する際に膣にお湯が入りやすくなってしまいます。

  • 1.あお向けにあり、足をそろえて左右のひざとかかとが床と並行になるようにしながら両ひざを抱えます。
  • 2.息を大きく剃って骨盤を緩めます。
  • 3.息を吐きながら腕の力でひざを胸の方に引き寄せて10秒間キープしましょう。
  • 4.この動きを3回繰り返してから、足の力を抜いてひざを腕で抱えてストレッチをします。

足首交差で引き締め体操

骨盤底筋群を締めて台形型のお尻の形になるのを防ぎます。

  • 1.あお向けになり、足首を持ち上げて交差させます。手は床の上のままで。
  • 2.息を大きく吸って骨盤を緩めます。
  • 3.息を吐きながら、両足首がお互いに押し合うように力を入れます。
  • 4.交差する足を入れ替えて同様に。左右交互に3回繰り返します。

骨盤底筋群を鍛える体操

  • 1.身体の縦のラインを真っ直ぐに、横軸は肩や腰のラインが平行に保ちつつあお向けになります。
  • 2.足はひざを立てて肩幅ぐらいに開きます。手は床につけた状態で。
  • 3.下腹部とお尻に力を入れて骨盤を締めます。息を吐きながら腰をあげましょう。
  • 足の裏で床を押して膣がきゅっと締まるのを意識しながら、腰は反らさないようにして下さい。
  • 4.一度息を吸って、骨盤を締めたまま息を吐きながら、背骨からゆっくりと床につけるように腰をおろします。
  • 5.これらの動きを3回から6回繰り返します。腰をあげるのがつらい時は、ひざをくっつけてみましょう。

腸腰筋を鍛える体操

  • 1.真っ直ぐ立った状態から、片方の足を前に出してひざを90度に曲げます。両手は前に出した足のひざの上におきます。
  • 2.もう片方の足は、甲を床につけます。
  • 3.その体勢でお腹を前に出すように前方に体重をかけていきます。後ろ足の太ももの付け根部分の伸びを感じましょう。
  • 4.15秒程度キープして、逆足も同様に行います。

当院の特徴

産後の骨盤プログラムを受けてみたいけれど、預け先がなくて困っているという方でも、安心して気軽に通えるようにキッズスペースを用意しています。お子様連れでのご来院も大歓迎です!

女性の施術師が在籍しています

当院の院長は国家資格を持つ女性施術家です。男性施術師には中々相談しづらい女性特有のお悩みなど、なんでもご相談ください。皆様のお痛みやお悩みが改善されるよう、しっかりサポートさせていただきます。

産後の骨盤の歪みでお悩みの方はあすなろ鍼灸接骨院・整体院まで

産後の不調や骨盤の歪みなどでお悩みの方など、お客様にぴったりの施術法を駆使して、着実な改善をサポートいたしますので、お悩みの症状をお持ちの方は、ぜひ当院にご相談下さいませ。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。