保険診療が使える院とは?

柔道整復師の在籍する整骨院や接骨院で施術を受ける場合、健康保険が使えるケースと使えないケースがあります。健康保険が使える範囲は細かく決められていますので違いについてご紹介していきます。

保険が利用できるケースとできないケース

利用できるケース

  • 外傷性のねんざ、打撲、挫傷(肉離れ)の施術
  • 医師からの同意がある場合の骨折や脱臼の施術
  • やむおえない応急処置で行う骨折や脱臼の施術

(応急処置後の施術には医師からの同意が必須になります)

利用できないケース(全額自己負担)

  • 日常の疲れからくる肩こりや筋肉痛、体調不良など
  • リラクゼーション目的によるマッサージとしての利用
  • 外傷性ではない疾患(神経痛・リウマチ・五十肩・リウマチなど)からくる痛みやこり
  • 脳疾患による後遺症などの慢性的な症状
  • 仕事中や通勤途中に発生した負傷
  • 症状の改善が見られない長期の症状や施術
  • 医療機関などで同じケガの施術を受けている場合

※同じケガについて同じ時期に整形外科での診療と柔道整復師(整骨院・接骨院)での施術を受けた場合は、柔道整復師(整骨院・接骨院)での施術費は全額自己負担となります。

当院でできる施術

当院では以下のようなお悩みについて施術が可能です。

腰の痛み

こんなお悩みはありませんか?

  • 朝起きると腰が痛い
  • 重い荷物を持ち上げようとして腰を痛めた
  • くしゃみの衝撃で腰を痛めた
  • スポーツをしていて腰を痛めた
  • デスクワークで腰が痛い

このような腰の痛みでお悩みの方は多いのではないでしょうか?
腰が痛いと歩くのもつらいですし、寝がえりさえも困難になる可能性もあります。
今回は、腰の痛みについて原因と対処方法をお伝えします。

腰の痛みの原因

現代ではパソコンを使うようなデスクワークや、スマートフォンをチェックしたりと何かと猫背や前かがみの姿勢になりがちです。
この姿勢が腰痛の原因になっているという方もたくさんいらっしゃいます。
背骨には、椎骨(ついこつ)と椎骨の間にクッションの役割をしている椎間板があります。
椎間板は、中央の髄核(ずいかく)とそれを取り囲んでいる線維輪(せんいりん)と呼ばれる組織で構成されており、髄核は少しの姿勢の変化で移動し、猫背や前かがみの姿勢が髄核を椎間板の後ろの方にズラしてしまう原因となります。
髄核が大きくズレて線維輪を傷つけた状態がぎっくり腰で、線維輪より外に飛び出して神経を刺激してしまっている状態が椎間板ヘルニアと呼ばれています。

腰の痛みの対処方法

  • 安静にして動かない
  • 湿布などで痛みを緩和する
  • 冷やす、温める

腰の痛みがおさまってきたら、安静にするのも大事ですが痛みが悪化しない範囲内で、仕事や家事などいつも通りの生活をしてみましょう。また、適度なウォーキングを行うなど日常生活に運動を取り入れましょう。
自分で対処できない腰の痛みや長年改善されない腰の痛みでお困りの方は、あすなろ鍼灸接骨院・整体院までお気軽にご相談ください。

スポーツによるケガや痛み

こんなお悩みはございませんか?

  • ゴルフやテニスでひじを痛めてしまった
  • キャッチボールをしていて肩を痛めた
  • マラソンでひざを痛めた

このような様々なスポーツ特有のケガや痛みで悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?
今回は、スポーツによる障害について原因やその対処法についてお伝えいたします。

スポーツによるケガや痛みの原因

スポーツ障害とは、スポーツ中に発生した捻挫(ねんざ)や骨折、スポーツ疲労によって変形した関節、疲労骨折など様々な症状を指します。
続けてスポーツや運動をしていれば、大きな負荷でなくても同じ部分を繰り返して使うので、そこに力が加わり最終的に弱い力でも炎症を起こしたり骨折をしやすくなったりします。
スポーツによるケガで代表的な症例として、オスグッド病やシンスプリント、疲労骨折、野球肩、テニス肘、腰椎分離症などがあります。

スポーツによる怪我の対処方法

スポーツによるケガや痛みが発生した場合、基本的な応急処置として「RICE処置」があります。
痛みを和らげたり、腫れを抑えたりすることができるので、覚えておくといざという時に役立ちます。

  • R(Rest)       安静にする
  • I(Icing)       冷やす
  • C(Compression)  圧迫する
  • E(Elevation)    心臓より上に持ってくる

スポーツ障害でお困りの方は、あすなろ鍼灸接骨院・整体院までお気軽にご相談ください。

ひざの痛み

こんなお悩みはございませんか?

  • 長時間歩くとひざが痛む
  • 階段の上り下りでひざが痛む
  • ひざの内側が痛む
  • 寝ている時にひざがうずく

このような、ひざの痛みでお悩みの方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんなひざの痛みの原因や対処法についてお伝えいたします。

ひざの痛みの原因

ひざの痛みは、ほとんどがひざの関節の周辺に痛みを発生させる病気で、ひざ関節痛もその一部ですが、症状や原因は様々です。
ひざ関節痛は、色んな疾患によって発生しますが、一般的には変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)、関節性リウマチ、半月板損傷(はんげつばんそんしょう)のこの3つが大きな原因です。

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

歳をとり、加齢による場合とケガによって軟骨がすり減り、ひざの関節が変形してしまう病気です。
女性がなりやすい傾向にあり、高齢者になるほど発症率が高くなります。

関節性リウマチ

関節が炎症をおこし、ひざ以外の手足の関節が腫れてしまったり、変形したりする病気で、身体全体に症状が出るのが特徴です。
30代から40代女性に多い疾患ですが、どの年代でも発症する可能性はあります。

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)

ひざ関節の中でクッションの役割を果たしている半月板という軟骨に似た組織が、傷ついたり、割れたり、ヒビが入っている状態を指します。
半月板は、年齢とともに摩耗して擦り切れてなくなっていきます。
ひざを守るために筋肉が収縮してそれに伴って炎症をおこし、痛みが生じます。

ひざの痛みの対処方法

ひざに痛みが生じた時はまずはこれをしてみましょう。

  • 安静にする
  • 痛い部分を冷やす
  • 痛い部分を温める

ひざに痛みを感じた場合、まずは安静にしてみましょう。
安静といっても全く歩かないということではありません。通常の生活や日常で行う動作は問題なくしても構いません。
また、痛む部分が熱を持ち腫れている場合は冷やして、反対に腫れなどはなく痛みだけがある場合は温めて血行をよくすると良いでしょう。

自分で対処できないひざの痛みや長年改善されないひざの痛みでお困りの方は、あすなろ鍼灸接骨院・整体院までお気軽にご相談ください。

首の痛み

首の痛みでこんなお悩みはございませんか?

  • 寝違えをして首が痛む
  • 朝起きると首が痛む
  • 首を動かすのがつらい
  • 日常生活に支障が出るほどの痛みがある

このような首の痛みの症状は、ほとんどの方が経験したことあるのではないでしょうか?
そこで今回は、首の痛みについてその原因と対処方法についてお伝えします。

首の痛みの原因

首の痛みの中でも代表的なのが寝違えだと思いますが、寝違えは首を動かすと鈍い痛みが首や肩に起こるのが特徴です。
病院でレントゲンやCTなどで検査しても異常がみられないことが多く、いまだにどのようにして痛みが発生しているのかは明確にはなっていません。
睡眠中に無理な姿勢を続けてしまうことで、首や肩の周りの筋肉が圧迫されて血行不良になることや、使用している枕の高さが合わず首に負担をかけてしまい、椎間関節にに炎症が発生してしまうことが原因だと言われています。
また、首の痛みや寝違いを起こしやすい要因として、睡眠中に身体が冷えてしまい血行が悪くなった状態や、痛みが起こる前日にスポーツをしすぎた、長時間PCを使用していたなどによる筋肉の疲労なども要因と考えられています。

首の痛みの対処方法

首の痛みが発生した際に、冷やすのか、温めるのかどちらにすればいいのかわからず悩んだ方もいるのではないでしょうか?
今回は、簡単に自宅などで行えるセルフケアについてご紹介します。

  • 痛む場所を冷やす
  • 脇のしたの圧迫された神経を開放する
  • 背中のツボを刺激する

首自体にひどい痛みがある場合や、熱を持っている場合はまず冷やすことをおすすめします。
腫れや痛みが引いたら、今度は冷やさずに血行がよくなるように首の筋肉を温めましょう。血行をよくしておくことで、首こりや肩こりの予防にもなります。

自分で対処できない首の痛みや長年改善されない首の痛みでお困りの方は、あすなろ鍼灸接骨院・整体院までお気軽にご相談ください。

捻挫(ねんざ)による痛み

ねんざによる、このようなお悩みはございませんか?

  • スポーツをしている最中に足をくじいてねんざした
  • 段差で足を踏み外してねんざした
  • 転んで足をねんざした

などの思いがけないねんざにお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、ねんざについてその原因と対処法をお伝えいたします。

捻挫の原因

捻挫(ねんざ)はスポーツや転んだ際に足首や指をひねってしまい、関節部分が傷ついてしまうことで起こります。
関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすとその部分が腫れます。身体のどの関節にも発生する可能性がありますが、突き指も捻挫の一種と言われています。
スポーツの他にも高齢者の方が、階段を踏み外してねんざをするケースも多く、このような出来事がきっかけで起こった炎症や傷などの刺激によって痛みを発する物質が作られています。
ねんざした箇所の腫れや痛みが引かない場合や、関節がグラグラしている時などは骨折や靭帯が切れている場合もあるので、その際は医療機関を受診してください。

捻挫の対処方法

ねんざの対処方法はケガの程度によって異なりますが、どの程度でも応急処置が肝心となります。
ねんざの応急処置の手順としてRICE療法を覚えておきましょう。

  • R(Rest) 安静にする

まずはねんざした部分を安静にしましょう。

  • I(Icing) 冷やす

次に炎症をおさえて痛みをとります。ねんざした部分を中心に氷や氷のうで15分から20分冷やします。

  • C(Compression) 圧迫する

ねんざした部分の出血を防ぐために、部分を圧迫します。スポンジや包帯、テーピングで固定しましょう。

  • E(Elevation) 心臓より上に持ってくる

ねんざした部分を心臓より高い位置に保ことで内出血や腫れを防ぐことができます。
急な捻挫でお困りの方は、あすなろ鍼灸接骨院・整体院までお気軽にご相談ください。

ハイボルテージについて

ハイボルテージとは?

ハイボルテージとは、高電圧の電流を使用した電流の刺激で皮膚への抵抗をおさえて、組織の深い部分に電流を伝達させます。
直接的に患部の炎症を抑えてくれる他、痛みを和らげて、身体の改善力を高めてくれます。
今までの電気治療法と比べてみると、症状が出ている部分の奥深いところにダイレクトに電気を伝えることが可能なので、これまでの電気治療法と違い、かなり高い鎮痛効果や即効性が期待できます。
特に効果のある内容として、筋肉の炎症やケガによる痛み、腫れの初期症状にハイボルテージを用いて施術すると、短い期間で症状の緩和することが可能です。
痛みが発生している部分と、痛みの元の部分にまとめて電気を伝達させることができるようになり、痛みを早い段階で取り除き、痛みを広げないという施術が可能です。
他にも関節の腫れにも効果があるので、周囲の筋肉や組織に負担をかけることなく施術を行えます。

このような症状におすすめです

  • 急におきた関節や筋肉の痛み
  • 朝おきた時に首が痛くて動かしにくい
  • スポーツによるケガや痛み
  • ぎっくり腰を改善させたい
  • 肩こりを改善させたい
  • ねんざを早く改善させたい
  • 長い期間、ひざの痛みに悩んでいる

痛みや症状を早めに改善させたい方はあすなろ鍼灸接骨院・整体院まで

保険施術だけではどうしても対応しきれない症状もお客様にぴったりの施術法を駆使して、着実な改善をサポートいたしますので、お悩みの症状をお持ちの方は、ぜひ当院にご相談下さいませ。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。